自己破産と向き合うために

自己破産をしようと決めた時、様々な不安で頭の中が一杯になることでしょう。自己破産をすると選挙権がなくなる、戸籍に記載される、などの噂を聞いたことがあるかもしれませんが、そのような事実はありません。選挙権がなくなることもありませんし、戸籍に記載されることもないのです。

 

自己破産に対してマイナスイメージがあるがゆえに、そのような噂に翻弄されてしまいますが、自己破産は借金を踏み倒すという違法行為ではなく、法律に基づいた債務整理方法です。決められた書類を提出し、裁判所から免責許可の決定を受けて債務を整理するのであり、法律的な問題は何もありません。

 

債務先に迷惑を掛けたという精神的苦悩を抱くこともあるでしょうが、自己破産をするからといって卑屈になるのではなく、人生のリスタートだと前向きに捉えると良いでしょう。

 

自己破産をするにあたって一定の資産を持てなくなったり、裁判所に出向いたり、クレジットカードを持てなくなったり、といくつかのデメリットはありますが、借金に追われる生活から脱却することができるという最大のメリットを手に入れることができます。クレジットカードのない生活は最初は不便に感じるかもしれませんが、慣れてくるとそれが当たり前になってくるでしょう。

 

自己破産の前に任意整理といった手続きもあり、消費者金融のキャッシングの債務整理程度であれば、任意整理の方が良い場合もあります。