闇金融の表と裏

闇金を利用する迄には幾つかの段階があると思います。まず銀行カードローン及び町金など比較的安全な金融関係からの融資がしてもらえない、もしくは限度額がいっぱいで融資の増額がしてもらえないなどです。

 

そこでやむなく闇金にお金を借りるようになるのではないでしょうか。闇金はその名のとおり闇の金融組織で基本的に法定金利以上の金利でお金を貸し、返済が滞ると雪だるま式に借金の額が増えていく仕組みとなり、気がついた時はもうどうにもならなくなることが多いと聞きます。

 

また、取立てに関しても安全な金融関係の会社は法律で禁じられていることはできませんが、闇金にはそのルールは通用しません。なぜなら融資をうけた本人のみならず親、兄弟、親類にまで取立てにゆくこともあるそうです。

 

本人がにっちもさっちもならず個人破産を宣告しても諦めないと聞いております。ではどうしたら良いのかというと、闇金には手を出さないのが一番です。ですが止む終えず借りてしまった場合は一番先に返済の順位を置き、なるべく早く闇金の問題を解決するのが最善策です。

 

それでもラチがあかない場合はやはり法に頼るしかありません。本人ばかりではなく周りの人達にも迷惑がかかることを思えば、弁護士や司法書士に依頼をする際の費用も安いものだといえるでしょう。

 

闇金問題に強い弁護士に相談をするなら、評判の良い闇金に返さずに済む解決法を進めてくれる法律事務所にしましょう。